So-net無料ブログ作成

人生初の大腸内視鏡検査まとめ [日記]

 まぁなんて久しぶりの更新
 
 2ヶ月程前に下腹部に痛みを覚え、定期検診の際に主治医に伝えた所(この時には既に痛みはなかった)大腸の憩室炎の疑いがあるというので人生初の大腸の内視鏡検査をしてみた。
※社畜なので仕事休むの大変といったら「お盆は平日なのでやってるよ」とのことで喜んで予約入れた
 
・前日絶食
 夜8時くらいまでは食事してもいいが食べていいものに色々制限があるので朝からゼリー飲料的なものだけにした
 
・前日の下剤が不味い。
 ポカリスエットの粉を極少量の水で溶いた味。200mlがなかなか飲みきれなかった
 効かないと思っていたが2時間後から効き始めトイレに何度行ったかわからない程に。
 途中から液体しか出なくなる。
 寝た気がしない。
 朝、病院に出かけるのが不安になるレベルだったが朝一にトイレに行って以降は大丈夫だった
 
・腸内洗浄の下剤が不味い
 ポカリ濃くして塩分強くして粘度をつけた感じ。前日の下剤より不味い。不味いというより気持ち悪い味。ポカリよりOS-1に近い味かも。人体由来っぽい
 これ(腸内洗浄液(下剤))を1.5リットル+水1.5リットル1時間半で飲む。かつ、その間は腸を動かすため病院内をうろつき、便意が来たらトイレに駆け込むというなかなかのハードさ。
 後半になると、
便意→トイレで出す→ウォシュレット→拭く→立ち上がる→便意
もうエンドレスうんこ
と言っても実際には液体しか出ない・・・
JIN-仁-のコレラ回を思い出す・・・
しかし、徐々に澄んでいく排泄物には感動を覚える
 
・腹減った
 自分の場合は出し切ったあとに検査まで2時間あった。しかしその間、水しか口にできない(味のあるもの、お茶もだめ)。さらにゴクゴク飲むと「バッシブスキル下剤」の効果ですく排出してしまう。しかし脱水症状にならないように水分を取らなければ行けないというなかなかの無理ゲー(ちょっとずつ口潤す程度に飲んだ)
 
・検査本番
 麻酔なしのコースなので言われるがまま。恥ずかしい以外の感情は無くジェルを塗られ内視鏡を入れられた後もモニターをみて「これもう中を進んでるんですか?」と聞いてしまうほど肛門付近以外の感覚が特になかった。ただ、ガスを注入されているのでお腹が張るような痛みがたまにある。
 「おなら我慢しないで出していいですよ」と言われていたが日頃お世話になっている主治医の前だしそもそも出口塞がれてる状態でどうしたらいいかわからないので自然体でいた。
※人によって痛みの感じ方が違うそうなので少しでも不安を感じたら麻酔を選択してくださいとのこと
 
・結果
 
異常なし\(^o^)/
  
ポリープも炎症もなくキレイなものだと
まぁ自分でも見てたし美味そうなシマチョウにしか見えないものでしたが・・・
・・・
・・・
  
じゃあ痛い原因はなんなんだよ!?
※ヘルニア持ちなのでそっち方面かもとのこと


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。